手痛い負けっぷり 裁量トレード GBPUSD

gbp-soldiers

こんにちは。

記事をアップしてないトレードが溜まってます。
一つはこの手痛く負けたGBPUSD。
もう一つは10/15の裁量トレードAUDJPYの続きのトレードです。
まずは、手痛く負けたGBPUSDから。
【GBPUSD】
20131022-GBPUSD-H1.png
簡単に言うと
(1) 1.60ドルでショートエントリーダウン
(2) 1.61ドルで損切りハートブレイク


(1) 1.600ドルは何度か抜けなかった抵抗線でした。

10/17 の時点では、売買ジャッジと秘伝チャートともにショートサイン継続中。

1.600ドルショートエントリーダウン

!!!

ここ、(3)で既に抵抗線が突破されていたんですよね。
さらに、10/17 の時点でこの日の終値が1.600ドルを超えると売買ジャッジがロングに転換するという微妙なポイントでした。
そんな危険な状態で無謀にもショートに参戦してしまったという。。。
(1)の1.600ドルの抵抗線と1.592ドルの支持線が上に下に突破されて再びレンジに戻ってきました。
なんだか先行き不透明な状態でしたね。
【反省】
  • 単純に当日のロング、ショートのサインだけでなく、当日の終値によってサインがどう変化するかも確認する。
  • 一度突破された支持線、抵抗線をそのまま支持線、抵抗線を考えるのは危険。
【損益】
-100pips (S 1.600ドル→1.610ドル)
累計 : +815pips

Sponsored Links

私は、為替王さんのオリジナルテクニカル分析を基に裁量トレードをしています。
日足をデータを基にした分析で、1日1回5分とかかりません。

こんな人におススメ♪

  • 1日中チャートの前に張り付いてトレードできない人
  • FXもやりたいけど、自分自身のプライベートも充実させたい人
  • FX始めたは良いけど自分に合った手法を模索中の人
  • FXがギャンブルになりつつある人

為替王のオリジナルテクニカル分析。詳しくはこちらからどうぞ。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です