トラリピと私

chart2

コメント欄でトラリピに関する質問を頂いて、返事を書いていたらやたら長くなってしまったので記事としてアップすることにしました

現状でいいますと、ポン円のトラリピは撤退しました。

トラリピに関する記事はほそぼそと続けていたトラリピの今後の行方で書いたのが最後です。
この時は、ポン円から徐々に撤退すると書きました。
が、11月11日のツイッターでつぶやいたんですが、ポン円ロングでエントリーしたつもりが間違ってショートのポジションを決済しちゃったんですよね
でもこれがきっかけで、ショートポジションの全決済を思いつきました
ちょっと勇気がいるなとは思って、少しずつ決済してみました。
そうしたら案外気持ち的に平気で、結局ショートポジションを全て決済してしまいました
今の上昇を考えるとこの時決済しといて正解だったかな?

ポン円だけの利益を感がるとトータルマイナスになってしまいますが、
コアラ円ロングのトラリピもやってるので相殺するとまだプラスになるので、トラリピなかなかやめられません。

コアラ円ロングのトラリピはほそぼそと続けようかなと思ってます。
本当にほぞぼそで、1円間隔1000通貨にしようかなと思ってます。
そうすると、史上最安値55円から史上最高値108円まで余裕でカバーできるポジション量になります。
収益率はもう本当に微々たるものでしょうね。
この設定でどのくらいの利益があがるのか、ちょっとやってみようと思います

ちなみに私の年間の収益率は年利15%から20%程度だったかな?
元々そんなに高くはなかったです。
トラリピは2009年から初めて、2010年のギリシャショックで口座を飛ばして以降過剰にならないように気をつけてはいたんですが、
やっぱりどこか甘かったんでしょうね。

トラリピで一番肝はやっぱりリスク管理だと思います。
でも人間欲のコントロールはなかなか難しいものです
最初は1000通貨1円間隔で満足できても、順調に利益が上がってくるともう少し稼げないか?とか思っちゃうんですよね。
特に、ブログとかで他の人が自分より低予算でトラリピでガンガン稼いでいるのを見ると、もう少し仕掛けを増やしても大丈夫なんじゃないか?とかね。

トラップトレーダーさんのブログで有名どころでご存知の方も多いと思いますが、
こちら→トラリピ犬さんの☆☆トラリピ1億になりました★★はすごく参考になります。

資金150万円でコアラ円を50銭刻み1万通貨でトラリピ開始したようです。
かなり大胆な仕掛けだと思いますが、始めた時が良かったんでしょうね。
最初の2010年は260万強、2011年は200万弱とすごい勢いで利益をあげました。
2012年は少し落ち込みましたが、それでも140万弱の利益です。
が、アベノミクスで上昇した2013年はグンと利益が落ち込んでますね。

ここで、コアラ円週足チャートを見てましょう。
20131204-AUDJPY-W1

コアラ円は2010年初頭から2012年末まで、実にまる3年も72円から90円までの18円のレンジの中にいました。
まさにトラップトレードが威力を発揮する相場ですね。
トラリピ犬さんが爆益を生んだのがこのレンジ内ですね。
トラリピ犬さん同様にこの時期にトラリピで順調に利益をあげた方も多い時期だと思います。

レンジの中にいる時は、ここでどんだけ利益を追求できるのか?という目先の利益にとらわれがちですが、
実はこのレンジを外れた時にどうなのか?というリスク管理がトラップトレードの肝なんですよね。

ロングのトラリピをやっていてレンジを上抜けた場合、今までガンガン稼いでいたのにそのまま静観するしかない状態はなかなか厳しいですよね。
上抜けたら、また上で新しいレンジで仕掛ければいいんじゃないの?って話ですが、
そうすると、レンジを下抜けた時にもっと厳しい状況に追い込まれてしまいまうんですよね。

ロングのトラリピをやっていてもっと辛いのはレンジを下抜けた場合。
どんどんマイナスポジションが蓄積されていき、ただ静観するだけ。

レンジを抜けた時に取る手段としてもっとも危ないのは、当初の計画のリスク管理を無視してどんどんポジションを増やしてしまうことです。
もちろん、リスク管理を再考し、資金を増やすなど出来るならば問題ないのですが。

リスクを減らすにはポジション量を減らすしかなく、
利益を増やすにはポジション量を増やすしかないのがトラリピなんですよね。
(利益を増やすには利益幅を広げることも有効のようですが、ポジション量を増やす程の劇的な効果はないと思います。)

トラリピ犬さんのようにリスクを恐れず、一気に利益を追求する方法もあるとは思います。
実際に今現在全決済してもかなりのプラスのようです。

私は史上最高値、最安値を超えてもロスカットにならない程度にかなーり安全志向でほそぼそとやっていくのが性格的に合っているのかな?と思います

Sponsored Links

私は、為替王さんのオリジナルテクニカル分析を基に裁量トレードをしています。
日足をデータを基にした分析で、1日1回5分とかかりません。

こんな人におススメ♪

  • 1日中チャートの前に張り付いてトレードできない人
  • FXもやりたいけど、自分自身のプライベートも充実させたい人
  • FX始めたは良いけど自分に合った手法を模索中の人
  • FXがギャンブルになりつつある人

為替王のオリジナルテクニカル分析。詳しくはこちらからどうぞ。

Sponsored Links

トラリピと私」への5件のフィードバック

  1. く~ちゃん

    こんばんは^^

    記事でアップしていただき感謝です。
    トラリピは通貨選択も左右するかもしれませんね。コアラやユーロ、ランド円あたりがいいのかな?という思いでいます。

    全ては資金面で無理なので、どれか1通貨。

    年利15~20%というと、かなりいいですよね。為替王さんもブログで言ってますが20%だと、かなりいいのでは?

    私は低リスク派です。^^
    mayuhimeさんなどは、順張りでトラリピをやるべきと言ってますね。

    いずれトラリピは資金が有り余る人はリスクをとってもいいでしょうが、やはり普通は仕掛け・・・リスクですね。

    やってみたいという思いはありますが、やはり資金がまとまってからじゃないと不安ですね。(^_^;)

    特に私はドバイでトラリピで口座飛ばしたので。。。

    返信
    1. まりこ 投稿作成者

      なんだかんだでトラリピはやっぱりコアラ円がおすすめだと思います。
      私はやったことないですが、ランド円も人気がありますよね。
      ユロ円は最高値と最安値の値幅が結構あるので、コアラ円より間隔を広くとった方が良いと思います。

      順張りでトラリピ。
      そうなんですけど、ここで上昇トレンド終わりって見極めるのがなかなか。。。
      上昇トレンドだから買いトラリピ、下降トレンドだから売りトラリピって上手く立ち回れるなら、私ならトラリピやらないです(* ̄m ̄)

      返信
  2. トラリピ犬

    はじめまして☆

    クラウドの検索でヒットしました^^
    私なんかより説明がはるかにお上手で!!!
    まりこさんのブログこそ世にもっと知れるべきと思いました。

    今シーズンは豪ドル円よりNZD円のほうが回転良いそうです。
    1円の1000通貨であればかなりのところまで耐えられるでしょうね。
    私のほうは、今年に入って10回ほどしかヒットしていないです。
    まりこさんのおっしゃるとーりで、
    レンジを抜けた時のリスク(ロスカット含め)、
    レンジ内とレンジを抜けたときのトータルでの利益、
    こういったことを考えて仕掛けなきゃですよね~。

    返信
    1. まりこ 投稿作成者

      トラリピ犬さん、初めまして。
      あっ。勝手に紹介してしまいましたが、見つかっちゃいましたねw( ̄Д ̄;)w
      実は以前からトラリピ犬さんのブログはこっそり覗いていていました。
      文章が面白くてついつい引き込まれてしまうブログですよね。
      ファンだったので、こんな風にコメント頂けて光栄です。

      私はトラリピ始めた当時に、ロスカットにあって80万ほどあった口座を飛ばしてしまいました。
      でもトラリピには手ごたえがあったので、その後もほそぼそと続けていたんですが、徐々にどうしても目先の利益に目がくらんで、ポジションを増やしてしまうんですよね。
      結局、今回のアベノミクスによる円売りでポン円ショートを損切りせざる得ない状態になりました。

      そんなこんなで今はもうすっごい低リスクで続けていこうかなと考えています。

      返信
  3. トラリピ犬

    こちらこそ見て頂いていたなんて嬉しいです^^

    投資の損(いわゆる授業料)は誰もが経験することかもしれませんね。
    私も昔大損を経験しました・・・。

    トラリピって低リスクでも、他の投資と比べるとかなりのハイリターンなので
    ムフフ♪ですよね。

    まりこさんのブログこれからも見たいので、登録させてくださいね。
    では☆

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です